商品カテゴリー:チケット(利用日指定なし)

作成者 Richard Lin, 変更日 Fri, 25 Feb 2022 で 10:29 AM ~による Richard Lin

商品管理|商品カテゴリー:チケット(利用日指定なし)


「チケット(利用日指定なし)」の商品設定について説明します。このカテゴリーの商品は「チケット管理」と合わせて利用します。


目録

商品管理 > 新規商品掲載

 

商品カテゴリーを設定する

商品カテゴリーのチケットは2種類あります。「チケット」と「チケット(利用日指定なし)」です。


  • 「チケット」は時間を指定をして予約する商品に適しています

例:オペラ鑑賞券や、船の乗船券など


  • 「チケット(利用日指定なし)」は時間を指定する必要のない商品に適しています

例:購入後1年間有効な遊園地のフリーパスなど



 

  1. 商品作成時【基本設定】タブにてカテゴリー「チケット(利用日指定なし)」を選択してください。このカテゴリーではない商品は、この後の設定でチケットを連携させることができません。




  1. カテゴリー「チケット(利用日指定なし)」の商品登録方法は、他カテゴリーの商品掲載とほとんど同じステップです。商品登録方法については新規商品掲載:必須項目新規商品掲載:任意項目を参考にしてください。

以下のステップからは他カテゴリーとは異なる部分を抜粋して説明します。

 

  1. キャンセルポリシー:返金不可、もしくは全額返金のみ選択可能です。カスタマイズしたキャンセルポリシーは選択できません。

  2. デポジット:全額事前支払いのみ選択可能です。カスタマイズしたデポジットは選択できません。

  3. 掲載設定:バウチャー設定ではRezioバウチャーかカスタマイズバウチャーのみ、またRezioのQRコードのみ利用可能です。そして、「予約人数/項目の数量毎」にのみQRコードを発行できます。

 

 

チケット販売設定

「チケット販売設定」はカテゴリー「チケット(利用日指定なし)」の商品のみにあるステップです。このステップではチケットの販売期間、料金設定、適用チケットを設定します。


  1. チケットの販売期間を指定し、料金設定下方の+追加ボタンをクリックしてください。チケットを適用するための設定をします。




  1. ①区分設定、②料金ルール を設定します





  1. ③「適用チケット」では区分毎にチケットを複数枚適用することができます。

例:①【区分設定】で料金区分を「学生」と設定し、③【適用チケット】にて、学生料金チケットとドリンク引き換え券と設定した場合、お客様がチケットを1枚購入した際に、学生料金のチケット1枚と、ドリンク引換券1枚の計2枚がセットで発券されます。





  1. 設定完了後、保存ボタンをクリックしてください。保存完了後、販売ページにて予約受注を開始します。


販売開始

お客様は予約時にチケットの利用日を選択する必要はありません。



注意事項

カテゴリーが「チケット(利用日指定なし)」の商品は利用日が存在しないため、商品設定完了後も「販売カレンダー」に商品情報が表示されません。また、予約受注後も「予約カレンダー」にお客様情報が表示されません。

チケットの在庫数や、販売状況を確認する場合はチケット管理 :チケット在庫と販売レポートの出力を参考にしてください。








この記事は役に立ちましたか?

それは素晴らしい!

フィードバックありがとうございます

お役に立てず申し訳ございません!

フィードバックありがとうございます

この記事について改善できることがありましたら教えてください!

最低一つの理由を選択してください

フィードバックが送信されました

記事をありがとうございます。直すようにしてみます。