チケットの有効期限


商品カテゴリーがチケットの場合、チケットの有効期限を設定します


目録



商品管理>商品一覧または新規商品掲載




カテゴリーがチケットの商品は、商品編集ページのプランにて詳細な設定を行います

 

 

チケットの有効期限

 

  • ご予約時に選択した日付が利用日となります。選択日以外ではご利用いただけません。:お客様が予約時に選択した日時のみ利用可能なチケットです。

    • 例:お客様が4月18日に、5月1日の商品を予約した場合、このチケットは5月1日 当日のみ有効です。

 

  • 指定日まで有効:「有効期限を指定」にて設定した日時まで、ご利用が可能です。

    • 例:有効期限を5月1日までとします。お客様が4月18日に商品を購入した場合、このチケットの有効期限は4/18〜5/1までとなります。

 

  • 指定の期間内有効:「有効期限を指定」にて設定した期間内はご利用が可能です。

    • 例:有効期限を5/1〜5/31とします。お客様が4月18日に商品を購入した場合、このチケットの有効期限は5/1〜5/31までとなります。

 

  • ご予約から一定の期間内有効:「購入から利用できる日数」、この欄に入力した値はお客様購入日から起算した日付を有効期限とします。

    • 例:「購入から利用できる日数」を3日とします。お客様が4月18日に商品を購入した場合、このチケットの有効期限は 4/18~4/21です。

 

 

セッション開始時間前のチェックインを許可する

チケットの有効期限の種類が「ご予約時に選択した日付が利用日となります。選択日以外ではご利用いただけません。」、もしくは「指定の期間内有効」を選択した場合、セッション開始時間前に、チェックインを許可するかどうかを設定することができます。

 

  • 「セッション開始前でもチェックイン可能」では、時間の指定ができます。

    • 例:10分と設定した場合、14:00スタートのセッションは現地にて13:50にチェックインができます。

 

 

 

期限切れのチケットの処理方法

チケットの有効期限が切れてしまった場合でも、利用が可能かどうかを設定することができます。

期限が切れてしまっても利用可能にする際は、「注意文が表示されるが、チケットはチェックイン可能」を選択してください。チケットのチェックイン/認証時に注意文が表示されますが、利用は可能です。